クレジットカードマニアクス

アメリカンエキスプレス、ダイナース、JCB、VISA、マスターカードの実体験とホテル、エアライン、ポイントのお得なニュースをお届けします

リクルートカード

最大の還元率2%!リクルートカードプラスを選ぶ3つの理由

rikucard
1.75%還元のREXカードと漢方スタイルカードがサービス改悪して1.5%の還元になりました。
そんな中、最高の還元率を誇るリクルートカードプラスがまだ募集中なので今のうち作っておくことをおススメします。
もう申し込みサイトでも表に出てきていないので早めに作って早めに利用しておきましょう。こっちもサービス改悪しちゃうかもしれませんからね。。

1.驚異の業界最大還元率2%! 

楽天カードなのど1%還元率カードが多い中このリクルートカードは2%と業界最大の還元率を誇ります。
漢方スタイルカードなども超えて100万円で2万円分のポイントが獲得できます!

2.還元したポイントはPontaポイント
今まではリクルートポイントと言うじゃらんやポンパレ、ポンパレモールというリクルートグループでしか利用できないポイントでした。それがローソンなどで使えるPontaポイントとリクルートポイントが統合して、このリクルートカードもポイント還元はPontaでされるんですね。
ポイント還元はポイントの使い道があってこそです。ローソンのお買いもので使ってみてください。

3.リクルートサイトだとさらにお得!
ポンパレモールだと5%の還元になったり、じゃらんだと4%還元になったりリクルートサイトだと通常より多い還元率となります。5%還元ってことは10万円で5千円のポイント還元となります。お得すぎますよね!

今のうち是非とも作っておきたいクレジットカードです。

申込はJCBを選択後リクルートカードプラスを選択いてくださいね。

リクルートカード公式ページはこちら


スポンサードリンク

高還元率カードの利用率と決済額

メインカードの利用率
三菱総合研究所のクレジットカード利用実態のコラムをみていたら各カードの利用率と決済額が乗っていました。

コラムによるとメインカードになれるのは「有名」「高ステータス高年会費」「高還元」の3種類だそうだ。

還元率1.75%の漢方スタイルカードとREXカードが利用率、決済額でも高くなっていますね。
やはり高還元率カードをつくると決済を集中する傾向にあるというのがわかります。

ただ皆様もご存じのとおり、この両カードの還元率は1.75%から1.5%まで下がってしまいました。
これほどの利用率と決済額がありながら事業として継続することはできなかったという事ですね。

還元率低下の詳細記事はこちら

残る高還元率カードは還元率1.2%で年会費無料のリクルートカードと年会費2000円で還元率2%のリクルートカードプラスだけとなりました。

還元されたリクルートポイント自体も当初はポンパレやじゃらんでしか使えませんでしたが、今はローソンで使えるPontaやドコモポイントに交換することができます。

還元率2%のリクルートカードプラスも事業的には赤字なんだと想像しています。
逆に言うと利用者としてはこの還元率のうちに大いに利用して得するのがいいですね!

還元率2%のリクルートカード公式ページはこちら



スポンサードリンク
PR
クレジットカードを作るだけでSPGのホテルの上級会員になれるSPGアメックスの公式ページはこちら

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
スポンサード リンク
人気ページランキング
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
管理者連絡先
こちらのサイトへのご要望などありましたら下記までご連絡ください。

hiroshi00187あっとまーくgmail.com
タグクラウド
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ


アクセスランキングブログパーツ