電力自由化
電力の自由化によって各社から割引のプランが発表されつつあり、どの電力会社を選択するか皆さん悩んでいる最中だと思います。
私の一人暮らしの12月の電気代は6015円です。例えばどこかの電力会社に変更して5%値引きされるとすると300円程度安くなるわけですね。

つい先日も東京電力が新料金プランに変更するとTポイントやPontaのポイントが1000円で5ポイント貰えるのと、1月31日までに「プレミアムプラン」(2年契約)を12000ポイント貰えるキャンペーンが発表されました。
東京電力のままでも12000ポイントってやっぱりおいしいですよね。

これから先も他社から魅力的なプランが数多く発表されるので悩むことが多いと思いますが、皆様もどこかに軸を決めて選択をしてみましょう。

今回電力自由化で私が取る作戦はこちら!

1.夕方や夜間安くなるなどの生活に合った最適化を実施
 これは単純に生活に合わせると電気代が安くなります。どうせ一人暮らしだと平日の昼間は全然家にいませんからね。

2.現金の割引よりポイント還元を重視
 300円値段が下がるんなら300ポイント獲得できる方を選びます。東京電力の12000ポイントは

3.獲得ポイントはTポイント、Ponta、楽天ポイントのどれかを選択
 ポイント還元率が2%とか高還元率でも、マイナーなポイントでは意味がありません。マイルにも交換可能なメジャー3ポイントに今回は絞ります。

送電線や変電所などのベース部分の支払いがある為、今回の電力自由化での値引き率は最大でも10%程度になると思っています。その為、値引きでお得というよりはポイントを多く獲得して有効活用させる手を考えていきたいと思います。

電力会社のサービスが出そろったらまた選定会社をお伝えしますね!