クレジットカードマニアクス

アメリカンエキスプレス、ダイナース、JCB、VISA、マスターカードの実体験とホテル、エアライン、ポイントのお得なニュースをお届けします

最高峰のブラックカード アメリカンエキスプレス センチュリオンカード

AmexCenturionBlackCard

初めてブラックカードの概念を作り、年会費36万7500円と他を圧倒するアメリカンエキスプレスセンチュリオンカードです。

そんなセンチュリオンですが人生の中でセンチュリオンカードを3回見たことがあります。

1.シンガポールチャンギ空港のスタバ
 海外だと私もアメックスプラチナで少額決済するのですが、
 横で30代の女性がセンチュリオンで決済していてびっくりしました。

2.成田空港キャセイパシフィックのビジネスクラスカウンター
 日本人の方で見たのは初めてでした。絶対普通の会社員じゃないって感じですね。
 六本木ヒルズにいるセレブ社長って感じでした。
 キャセイパシフィックでロシア行きたい、金はある!っておっしゃっていました。
 どういう経路を提案したんだろうキャセイさん。。

3.タイのグランドハイアットエラワン
 セレブな奥様が隣でセンチュリオンで決済されておりました。
 その日は王族の方もお泊りということで取材陣と共にSPがたくさんきてました。

そんなセンチュリオンカード情報がやはり少ないですよね。
年間利用200~300万円ぐらいの私にはすぐにはインビテーションは来ないと思います。

ここら辺をみると海外でも250,000ドルの利用したらアメックスに連絡しろって書いてあるので
やはり1ケタ違いますね。


今後アメックスと仕事上の取引もでるので、担当営業さんが付いたら条件など聞いてみたいと思います。

関連記事

初年度無料でアメリカンエキスプレスゴールドカードは如何でしょうか
 

 



スポンサードリンク



リボ利用で100円3マイルのMileagePlus MUFGカード・ゴールドプレステージ登場

MileagePlusUnited_goldprestige

三菱UFJニコスとユナイテッド航空がMileagePlus MUFGカード・ゴールドプレステージを発表しました。

このカード通常だと100円=1.5マイルですが、リボ払いにすると100円=3マイルになります。
MUFGのリボは「楽Pay(らくペイ)」というサービスで最高額で10万円までのバーでリボ払いにできます。
当然、借金はしたくないので自動だと月10万までの利用となりますね。


ただ、リボ払いの注意点は10万円一括で支払うのでもサラ金と同じ扱いになり、他のクレジットカードから与信の確認をされたりするデメリットもあります。
10万円ぐらいなら大丈夫ですが私が100万円ぐらいリボ払いにしたときはアメックスから給料明細を提出しろと与信の確認がきました。

元々、MileagePlusカードダイナースクラブファーストというシティカードジャパン発行の100円=1.5マイル、海外100円=2マイルとマイル還元率の高いカードがありました。

しかし、JALアメックスプラチナの1円=3マイルなどの高還元率カードの登場で、若干影が薄くなっていました。
同じ三菱UFJニコスが発行ということで、MUFGの狙いはマイル還元率を高くして顧客の囲い込みという方向だと考えられます。

今後もさらに高還元率のエアラインクレジットカードが発表が予想されるのと同時に、デルタアメリカンエキスプレスゴールドカードのように上級会員が付いてるようなサービスに分割されていくかもしれません。

ソース:http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=326625&lindID=3



スポンサードリンク



PR
クレジットカードを作るだけでSPGのホテルの上級会員になれるSPGアメックスの公式ページはこちら

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
スポンサード リンク
人気ページランキング
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
管理者連絡先
こちらのサイトへのご要望などありましたら下記までご連絡ください。

hiroshi00187あっとまーくgmail.com
タグクラウド
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ


アクセスランキングブログパーツ